トップ / 歯肉炎になりたくないなら

歯肉炎を予防するには

歯肉炎とは、歯茎に炎症がおこっている状態のことをいい、進行して悪化すると歯周炎や歯槽膿漏という状態になってしまいます。口内細菌が歯と歯茎の境目で増殖することによって起こってしまいます。原因は、噛み合わせが悪かったり、歯石が溜まったりすることでプラークが溜まることによって引き起こされます。歯肉炎を予防するには、正しい歯磨きでプラークコントロールを行ったり、細菌の繁殖を抑える効果のある歯磨き粉を使用する、歯茎の血行を悪くするタバコを止める。噛み合わせを治して歯磨きをしやすくするなどで予防することができます。

妊婦が歯科医院を受診する場合

妊娠した女性は、歯科医院に行くことが勧められています。なぜならお腹の中に赤ちゃんが出来ると、赤ちゃんにカルシウムをとられてしまい歯の状態が悪くなってしまうことがあるからです。また、赤ちゃんが出来ると赤ちゃんのお世話で忙しくなり歯の手入れが出来なくなるからです。それで赤ちゃんが生まれる前に歯科医院を受診することをお勧めします。しかし、妊娠初期は様々なトラブルに見舞われますので、安定期に入ってから受診しましょう。そして、受診する際には必ずかかりつけの産婦人科で相談してから受診しましょう。

↑PAGE TOP