トップ / 目立たない矯正歯科を

最近の矯正治療の進化ぶり

矯正歯科の一般的な治療には、ワイヤーが施された器具が装着され、歯の周りを囲んで位置を正していきます。しかし、ワイヤーの器具は見た目が美しくなく、会話時においても気にかけることが聞かれます。最近の矯正治療にはインビザラインが扱われており、アタッチメント方式の器具を取り付ける治療法となっています。しかも、透明で目立たない素材でできているので、会話や食事に支障をきたす問題はありません。また、プラスティック製の器具のため、金属アレルギーに見舞われる心配がないのも大きな特長です。

体の健康維持にも歯医者へ

成人の約80%が、歯周病になっている可能性があると現在は言われています。歯周病は、最後は歯が抜けてします恐い感染症になりますがそれは歯医者にいくことで予防が可能です。苦手な場所として、言われるところですが歯周病になると口腔内だけでなくその歯周菌が全身に悪影響を与えることは今は判明しています、口腔内の健康だけでなく、全身の健康のためにも、自分でケアをしたり歯医者で定期検診をすることは大きな意味があります。最近は、痛くない治療が一般的になっています。また、気軽に相談ができる雰囲気があり行きやすくなっています。

↑PAGE TOP